犬の褥瘡(床ずれ)にキズパワーパッドを使っても大丈夫?

犬の褥瘡(床ずれ)にキズパワーパッドを使っても大丈夫? 病気・体のトラブル

高齢犬介護で気をつけたいのが

褥瘡(じょくそう)つまり床ずれのケアです。

 

早めに正しいケアを施さないと、

あっという間に傷口が広がってしまいます。

 

じゅくじゅくとした褥瘡の治療法は

一般的に湿潤療法が最適と言われます。

 

湿潤療法といえば、人間の傷口に貼る絆創膏も

キズパワーパッドのように

傷を乾かさずに早く治す商品がたくさんありますよね。

 

では犬の褥瘡にも

キズパワーパッドタイプの絆創膏を

使っても大丈夫なのでしょうか?

 

老犬の床ずれにキズパワーパッドを使っても安全なの?

犬の褥瘡(床ずれ)にキズパワーパッドを使っても大丈夫?

キズパワーパッドと褥瘡の相性が良いってホント?

キズパワーパットは傷口に蓋をすることで

乾燥や摩擦による傷の痛みを和らげ、

傷の回復のために分泌される体液(滲出液)を

保つことで早く傷を直してくれる絆創膏です。

 

この体液を上手く利用して傷を治す方法は

湿潤療法(モイストヒーリング)と呼ばれます。

 

老犬の床ずれ=褥瘡の治療も、

この湿潤療法が有効だとされています。

 

またキズパワーパットの適度な厚みも、

褥瘡ができやすい骨ばった部分の保護に適しているといえます。

 

⇒すぐ実践できる高齢犬の床ずれ防止策!悪化させないために

 

犬にキズパワーパッドを使ってもOKだけど問題点も

犬の床ずれにキズパワーパッド

では犬に人間用のキズパワーパッドを

使っても大丈夫なのかというと、

大丈夫です。が、、、

 

全ての褥瘡に適しているとは言えません。

 

褥瘡を治すという機能面でキズパワーパッドは有効です。

 

しかし、褥瘡の大きさや傷の状態によっては

キズパワーパッドが適さない場合もあります。

 

キズパワーパッドは大判のものでも、

中型犬以上のわんちゃんであれば

小さめの褥瘡を覆えるぐらいの大きさでしょう。

 

傷口を覆うギリギリのサイズですと

パッドの縁からにじみ出た体液が固まってしまい、

剥がしにくくなったり、それにより皮膚を痛める可能性もあります。

 

また、傷口の表面がすでに乾燥している場合も

上からキズパワーパッドを貼っても

体液が分泌されず湿潤療法にはなりません。

 

そして、キズパワーパッドは一般的な絆創膏よりも

粘着力が強いため、

全身を被毛に覆われている犬の場合、

キズパワーパッド系の絆創膏は剥がしづらく

使い勝手も良くないと感じます。

 

小さい褥瘡ならキズパワーパッドを使える

キズパワーパッドは使える条件が限られますが、

お手軽に湿潤療法ができる道具なので、

小さめの傷口であるなどの条件が合えば

使うのは問題ありません。

 

ただし、傷口を密封する道具なので、

貼る前に丁寧に傷口を洗って

清潔にしてから使ってくださいね。

消毒薬はNG!有い菌も殺菌してしまうので)

 

また、雑菌で膿んでいる、腫れがある等の場合は

悪化するので絶対に利用しないでください。

 

その場合は必ず医師に相談しましょう。

 

使っていいか迷う場合も

医師のアドバイスに従うことをオススメします。

 

キズパワーパッドよりもオススメなのが自作パッド

犬の褥瘡にはキズパワーパッドよりも自作の湿潤パット

使用条件が限られているキズパワーパッドよりも

オススメなのが100均アイテムでも作れる

手作りの湿潤パッドです。

 

手作りですと傷口の大きさに合わせられますし、

コスト面でもキズパワーパッドよりお手軽です。

 

自作パッドの作り方や、

使い方はこちらの記事にまとめました。

犬の褥瘡(床ずれ)に最適な湿潤療法はラップではなく〇〇を使う
愛犬が寝たきりになると悩まいいのが 褥瘡(じょくそう)いわゆる床ずれです。 頻繁に寝返りを打たせていても、 たった半日お世話できないだけで あっという間に床ずれになってしまいますよね。 床ずれはいかに予防するかが大切ですが...

 

わんちゃんの床ずれはなるべく早く、

傷口が乾かないうちにケアすることが肝心です。

 

そして、回復力をアップするために

マッサージや食事で代謝を高めてあげると

なお良いですね。

⇒シニア犬の代謝を上げるために今日から実践できる方法

 

しかし、素早いケアを行っても

必ずしもすぐに良くなるとは限りません。

 

回復傾向が見られない、または治りが遅い場合は

感染症等のリスクも高まりますので、

必ず医師に相談してくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました