犬のきつい口臭は病気のせい?考えられる原因と見分け方

愛犬の口臭が気になったことありませんか?

 

犬や猫の口臭は人間以上にきつい場合もあります。

 

かく言う私も、愛犬のあくびの後に漂ってきた

ドブのような匂いに

「こんなにカワイイ顔してなんで~」っと

衝撃を受けたこともあります。

 

当時の無知な私は犬の口=臭いものと

決めつけていたのですが、

実は臭くなるのには原因があると分かって以来

口臭ケアには気をつけるようになりました。

 

というわけで、今回は犬の口臭のお話です。

 

犬の口はなぜ臭う?口臭の理由

犬の口のイメージ

口臭の原因は大きく4種類に分かれます。

匂いの種類や愛犬の様子をチェックして

原因を探ってみましょう。

犬の口臭の原因①口の中の乾燥

犬は体温調節のために口をあけて舌を出し、

「ハァハァ」と呼吸を行います。

 

これにより口が乾燥すると

口内に生息するバクテリアが活発化します。

 

これが強い口臭の原因となるんです。

 

つまり体温調節を必要とされる夏場は

特に口臭が強くなる傾向にあります。

 

また、水分不足も口を乾燥させる原因です。

 

犬は高齢になると水分摂取が疎かになるだけでなく、

唾液の分泌量も減るため、高齢犬の口内は

バクテリアにとって特に快適な場所となります。

 

シニア犬は季節を問わず積極的な水分摂取を

心がけましょう。

 

犬の口臭の原因②ドッグフードによるもの

ドッグフードのイメージ

ドッグフードが口臭の原因になる場合も。

 

まず1つはフード自体の匂いがきつい場合です。

 

この場合はフードを消化すれば匂いも気にならなくなります。

 

次のケースはドッグフードが劣化している場合です。

 

オイルコーティングしてあるタイプの

ドライフードは酸化することで匂いを発します。

 

またウェットフードは水分が多いので腐敗している場合も。

 

ドッグフード利用する場合は

消費期限内に食べ切れる適量を購入したり、

小分けにして劣化しづらい場所に保管するなど

フードに合わせた対応を行いましょう。

 

また、鮮度は良くても材料が問題

口臭が生じる場合もあります。

 

それは穀類など、ふやける材料がメインの

ドッグフードを食べる場合です。

 

歯の隙間やかみ合わせ部分に

食べカスが残りやすく、それが歯垢となり

口臭が生じます。

 

このような場合は歯にくっつきづらい

穀類を控えたドッグフードに切り替えることを

強くおすすめします。

⇒穀類不使用・肉類高配合の野生の食事に近いフードがオススメ

 

犬の口臭の原因③歯周病によるもの

歯周病イメージ

最も多い原因がこれです。

 

というのも犬の歯周病は、

国内の3歳以上の犬の8割が患っている

と言われるほど発症率の高い病気だからです。

 

歯周病は歯垢がたまり歯石化し、

歯茎や歯の根元が菌に侵される病気です。

 

その歯垢や歯石に含まれる細菌が

口臭の元となります。

 

歯周病は口臭以外にも歯の変色や歯茎の腫れ、

歯のグラつき、歯抜け、口を触ららせないなど

いろいろな変化が現れているかと思いますので

愛犬の口をいま一度観察してみてください。

 

歯周病が悪化すると細菌が全身を巡り

他の疾患の原因となる恐れもあるので

口腔ケアの見直しを行いましょう。

 ⇒歯磨き嫌いな犬におすすめの歯周病対策

 

犬の口臭の原因④内臓疾患によるもの

内蔵のどこかに問題があると

口臭が生じる場合もあります。

 

内蔵疾患の場合は疾患のある内蔵によって

口臭も異なります。

 

口臭の種類別、可能性ある内臓疾患

体調不良の犬
<甘いにおい>

糖尿病の可能性があります。

 

たくさん食べるのに痩せる、

とにかく水を飲むといった症状も

併せて発生している場合が多いです。

 

<酸っぱいにおい>

これは胃酸過多の状態を現します。

 

つまり、胃腸に何らかのトラブルがある場合です。

 

胃腸のトラブルは感染症や食中毒の

可能性もあります。

 

におい意外にも嘔吐、下痢、発熱等の

症状があるかもしれません。

 

<便のようなにおい>

便のような匂いがする場合は

腸のトラブルが考えられます。

 

便秘や腸閉塞などの恐れもあります。

⇒高齢犬の便秘を解消させるのにオススメな食べ物はコレ

 

腸疾患の場合、口臭以外にも

強い腹痛や下痢、便に似た嘔吐などの症状も

現れる場合が多いです。

 

腸の疾患は緊急に命に関わる場合もあるので

注意が必要です。

 

病気以外にも食糞により便の匂いの口臭が

生じることもあります。

 

<アンモニア臭>

この場合肝臓や腎臓の不調が原因です。

 

体の毒素を分解・排泄しきれず、

老廃物が蓄積することで口臭となります。

 

ひどい場合尿毒症の恐れもあります。

 

口臭は病気のサイン!ひどくなれば受診を

動物病院イメージ

口臭は無条件に起きるのではなく、

何かしらの病気、または

病気になりうる原因がある場合に

発生します。

 

とくに「最近口の匂いが変わった」とか

「急に口臭がきつくなった」という場合は

体からのSOSの可能性が高いので

病院で調べてもらいましょう。

 

シニア犬は口が臭くなりやすい?

先程も述べましたが、

犬は老化とともに口が乾燥しやすい

体質に変化ていきます。

 

また、感染症や重い病気にかかるリスクも

元気な若い成犬よりも大きくなります。

 

つまり、年齢とともに犬の口臭は

強くなりやすいと言えます。

 

ぜひ、愛犬の日頃の健康チェックに

口臭という項目を加えてください。

 

歯周病にかかる割合の多さから、

匂いがある可能性が高いと思いますが、

その場合も、ただ「臭い」で終わらせずに、

「どんなにおい」が「どの程度の強さ」なのかを

チェックしておきましょう。

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする