オリジンドッグフード・シニア用は高タンパクで太る?

カナダ生まれ、アメリカ産のオリジンは

日本国内のドッグオーナーからも高い評価を受けています。

シニア犬にオススメなのはやはりシニア用フードです。

ではオリジンシニアは高齢犬の健康維持に本当に

有効なのでしょうか?

オリジンシニアが今なら”無料で”試せる?!

シニア犬のフード選びで気を付けるべきポイント

まず、あなたが愛犬のドッグフードを選ぶさいに、

以下のポイントを抑えておくべきだということを

頭に入れておきましょう。

  • 良質な消化吸収しやすいタンパク質がたっぷり含まれる。
  • 消化器官に負担をかける穀類(特に小麦)が含まれていない。
  • 脂肪分は若い成犬のフードより控えめに。
  • 着色料・香料など本来不要な食品添加物を含んでいない。

これらをふまえてフードを選んでください。

広告や口コミなど情報が溢れかえっているため、

何を基準に選べばいいか迷うかたも多いと思いますが

そんな時こそ成分表と原材料を見てください。

栄養価や主原料は誤魔化せませんからね。

オリジンシニアの他とは違うポイント4つ

  • 野生本来の食事の栄養バランスを忠実に再現している
  • 6種類の動物のタンパク質が摂れる
  • 穀類はもちろん植物性タンパク質も入っていない
  • 亜鉛以外の栄養素は全て食物由来

では一つ一つ見ていきましょう。

オリジンはお肉たっぷりで野生の食事に最も近い

犬は愛玩動物になる以前は、オオカミのような

肉食動物でした。

現代の犬たちは人間が飼いやすいように

品質改良されていますし、フードも

炭水化物がたっぷり入ったものが一般的になり、

昔の犬に比べると消化能力も向上しているという人もいます。

たしかにそういう面もあるでしょうが、

それでも本来負担なく食べられる食事は

肉を中心とした野生時代の食事です。

とりわけ、シニア~高齢犬ならなおさら、

自然環境に近い食事のほうが消化に負担がかからず

体に優しいと言えます。

オリジンのシニア用は原材料の85%

動物性タンパク質です。

それらの成分の中には4Dミートや副産物などの

リスキーな食材は一切含まれていません。

(以下参照ください)

全てが生肉、もしくは乾燥処理した新鮮な肉のみなので

栄養成分が破壊されず、効率よく摂取できます。

6種類の動物性タンパク質が含まれているメリットとは?

チキン

オリジンシニアはチキン、ターキー、鶏卵、

イエローテイルカレイ、サバ、ニシンという

6種類の動物のタンパク質が配合されています。

これだけの種類を一度に、しかも、

新鮮な状態のものを多量に摂取できるドッグフードは

日本国内で入手可能なものに限れば、オリジン以外にありません。

そして、他種類を一度に摂取できるメリットは

ずばり栄養の多様性です。

同じお肉でも鶏肉とターキーでは

含まれるアミノ酸やビタミン、ミネラル類の

バランスは異なりますよね。

つまり多種多様な生き物を食することで

栄養の偏りを防ぐことができるのです。

植物性タンパク質の”カサ増し”は0%

ポテト不使用

オリジンシニアは穀物、じゃがいも、タピオカ

植物性タンパク質濃縮物の配合量が0%です。

例えば小麦を無配合と謳っているものの

中身を見ればイモ類やトウモロコシなどで

タンパク質をカサ増ししている高価なフードも

中にはありますが、オリジンは正真正銘そういった

ごまかしのような成分が一切入っていません。

本来これらは野生時代であればおそらく

見向きもしなかったはずの食品です。

つまり犬にとってまったく必要がない食べ物なんです。

一方オリジンに配合されている植物性の食材は

野菜や果物、ハーブです。

野生環境下での肉食動物は、間接的に

草食動物が食した植物性の栄養を摂取しますし、

消化機能をケアするために野草を食べることもありますよね。

こういった習性にならって、

オリジンシニアには動物性タンパク質と野菜やハーブが

85%:15%という割合で配合されているのです。

栄養は全て食材から摂るべき

野生の食事

オリジンシニアには単体で添加されている

栄養素は亜鉛だけです。

その他の栄養素は全て食材から摂れるように

なっています。

原材料をご覧ください。

新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイ, 新鮮全卵, 新鮮丸ごと大西洋サバ, 新鮮鶏レバー, 新鮮七面鳥レバー, 新鮮鶏心臓, 新鮮七面鳥心臓, 新鮮丸ごと大西洋ニシン, ディハイドレート鶏肉, ディハイドレート七面鳥肉, ディハイドレート丸ごとサバ, ディハイドレート鶏レバー, ディハイドレート七面鳥レバー, 丸ごとグリーンピース, 丸ごとシロインゲン豆, 赤レンズ豆, 新鮮チキンネック, 新鮮鶏腎臓, ピント豆, ヒヨコ豆, グリーンレンズ豆, レンズ豆繊維, 天然鶏肉風味, 鶏軟骨, ニシン油, 粉砕鶏骨, 鶏肉脂肪, 七面鳥軟骨, 乾燥ケルプ, フリーズドライ 鶏レバー, フリーズドライ 七面鳥レバー, 新鮮丸ごとカボチャ, 新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ,新鮮ケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮カラシ菜, 新鮮コラードグリーン, 新鮮カブラ菜, 新鮮丸ごとニンジン, 新鮮丸ごとリンゴ,新鮮丸ごと梨, カボチャの種, ヒマワリの種, 亜鉛タンパク化合物, ミックストコフェロール(天然酸化防止剤), チコリー根, ターメリック, サルサ根, アルテア根, ローズヒップ,ジュニパーベリー, 乾燥 ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物, 乾燥 プロバイオティクス発酵 生成物,乾燥 ラクトバチルスカゼイ発酵生成物.

赤太字の亜鉛化合物以外は全て天然由来の食材ですよね。

(ビタミン〇〇等のサプリメントの名前がありませんよね)

様々な食材を配合したドッグフードは数多くありますが、

栄養サプリメントの配合をここまで控えたフードは

探すほうが難しいでしょう。

なぜなら、通常のドッグフード製造方法だと

いくら素材をふんだんに使っても、調理段階で

栄養分が破壊され、栄養が足りなくなるため、

栄養サプリを添加せざるを得ないためです。

ですがオリジンは生の素材や乾燥した素材を極力

低温で調理するため、栄養が失われないんですね。

また、天然由来の成分は、特定の栄養素だけでなく、

あらゆる栄養素を摂取できるのも利点です。

栄養は他の栄養との相乗効果で有効に活用されるので、

食材から栄養を摂取するのが最も効率的な栄養の

補い方といえます。

オリジンの受賞歴がスゴイ

受賞歴

オリジンのドッグフードは発祥国のカナダや

ペット産業先進国のアメリカで様々な賞を受賞しています。

以下、一例です)

  • Reviews.comドッグフードブランドTOP10で1位
  • Spot Magazineトップドッグ賞(ドッグフード人気ランキングで2011~15年1位)
  • アメリカの犬専用マガジン「The Whole Dog Journal」の認可を受ける
  • GRIペットフード部門(米、カナダ、英)2015,16年度卓越優秀賞、2009~12年度年間最優秀賞

注目は長期間受賞し続けているということ。

短期間の受賞ならブームなど一過性の要因も

考えられますが、長年に渡り評価されるのは、

商品の質そのものが評価されてこそだと言えます。

口コミを検証!オリジンシニアの注意すべきポイントは?

オリジンは素晴らしいドッグフードですが、

良い面しかない商品はこの世に存在しません。

商品レビューの口コミをもとに、

心配な点についても触れていこうと思います。

匂いがきつすぎて食べない?

苦手な匂い

オリジンのドッグフードは他のメーカーと比較して

肉系の材料の割合が多いフードです。

さらに生の素材を使用しているため、

匂いが濃いのは事実です。

匂いを言葉で伝えるのは難しいですが、

個人的な感想は「肉肉しいなかに魚がチラッと顔を覗かせる」匂い。

嫌な匂いとは感じませんが、確かにパンチはあります。

プレミアムフードの中には人間が嗅いでも

美味しそうな匂いのものもありますが、

少なくともそういったイメージではありません。

この野性味あふれる匂いに多くのワンちゃんが

食欲をそそられるようですが

一部、そうでないワンちゃんもいます。

特に穀物が主原料だったり、香料やオイルで

嗜好性を高めたフードを食べ慣れているワンちゃんには

違和感があるのかもしれませんね。

しかし、濃い匂いは濃い成分の現れです。

始めは慣れなくても、ごく少量から根気強く

食べさせてあげてみてください。

きっと濃厚な味に病みつきになり、

匂いも大好きになるはずです。

(これこそ肉本来の匂いだから当然ですよね)

粒が大きくて食べづらい?

小型犬イメージ

オリジンシニアのフードは直径1.1mm~1.4mm程度。

他のドッグフードより

一回り、場合によっては二回り大きいサイズです。

とはいえ小型犬が主流の日本国内にも

多くの愛用者がいるフードなので、大きさについては

特別心配しなくても大丈夫でしょう。

形状も平たいですし噛み砕きやすい工夫は施されています。

それでも食べづらそうにしていたり、

誤飲しやすい早食いの子の場合は

フードをカットして対応しているご家庭もあります。

お湯でふやかすのも手段の一つですが、

穀物や炭水化物の多いフードに比べて

タンパク質の純度が高いので

戻す時間がかかることを頭に入れておいてくださいね。

切り替えたら下痢をした?

これは餌替えの際にどのフードにも起こりえます。

(わが家の愛犬は問題なかったので個体差あり)

フードの配合成分が変われば消化する仕組みも

変わるため、体が順応するための通過点

のようなものです。

とりわけ、肉類の純度が非常に高い

オリジンのフードは、その他のフードとは

消化の手段が変わるといえます。

これにより便が軟化する場合もありますが、

それ以外に不調をきたしていないのであれば

少し様子を見られることをおすすめします。

体が慣れれば自然に便も理想的な硬さに

改善されるはずです。

ですが、どうしても気になる場合は

既存のフードと混ぜる割合を調整して、

じっくりと時間を掛けて餌替えを行ってくださいね。

カロリー高すぎで太らない?

太り過ぎ注意

これを理由にオリジンを躊躇する飼い主さんも

少なくありません。

オリジンシニアのカロリーは363kcal/100gと

シニア犬向けドッグフードのなかでは高めの部類です。

たしかにシニア期は代謝の低下で太りやすくなるため

カロリーコントロールをすべきという意見もありますよね。

ですが、太りやすいのとカロリーを控えることは

必ずしもイコールではありません。

例えば穀類や糖質の多い炭水化物を含む

ドッグフードであれば、カロリーが高いほど

それらも多く含まれているため太りやすいと考えられます。

しかし、オリジンのカロリーの高さは

動物性タンパク質の量の多さに由来するものです。

糖類はもちろん脂質も少ないので

適量与えていれば太ることはありません。

ちなみにオリジンシニアの粗タンパク質は38%。

これは鶏に含まれるタンパク質の割合と同等ですから

タンパク質が過剰ということは決してありません。

オリジンシニアの成分表

たんぱく質 38%以上
脂肪 15%以上
炭水化物 19%以下
水分 12%以下
繊維 8%以下
灰分 8%以下
カルシウム 1.2%以上
リン 0.9%以上
オメガ6 3%以上
オメガ3 0.8%以上
DHA 0.2%以上
EPA 0.2%以上
グルコサミン 700mg/kg以上
コンドロイチン 600mg/kg以上
代謝エネルギー 363kcal/100g

オリジンは栄養満点フードなので、一般的なフードよりも

給餌量がやや少な目なのでご注意ください。

新常識:高齢犬こそ高タンパク質を!

肉のイメージ

近年、欧米では常識とされているのが、

「高齢犬は若い犬よりもたくさんのタンパク質が必要」

という考え方です。

運動量が衰えているからカロリーを抑えるという

従来の考え方では、筋肉や骨の元になるタンパク質も不足し、

老化を促進させるだけだということが判明したのです。

そこで高齢犬の健康な肉体維持のためには

より多くの良質なタンパク質が必要というのが

通説になりました。

海外のドッグフードの動物性タンパク質配合量が

多い傾向にあるのはそのためです。

その中でも屈指の配合量かつ、消化に良い良質な

動物性タンパク質を摂取できるのが

オリジンのドックフードなんです。

オリジンが合わなかったら?→返品すればOK(条件あり)

返品・返金可能

オリジンのドッグフードは

他のプレミアドッグフードと比較しても

若干お値段が高めになっています。

(給餌量や栄養の質を考えると一概には言えませんけどね)

いくら試したくても愛犬が食べなかったら困るな

とお考えの飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

ですが、ご安心ください。

オリジンには全額返金キャンペーンがあるんです。

以下の条件を満たせば愛犬が食べてくれなくても返品できますよ。

  • オリジンの公式サイトから購入すること
  • 初回購入であること
  • 340g(お試しサイズ)か2kgのパッケージのみ
  • 購入後30日以内に申請すること

30日もお試し期間がありますし

これなら食べてくれなかったとしても

損しなくて済みますよね。

Amazonなどで割安な正規品が販売されていますが、

まずは公式サイトで試してからAmazonなどに

移行するのが実は一番お得だったりします。

大手通販サイトで価格がかなり安いものがありますが、

それらは消費期限が過ぎていたり、品質が著しく

低下している可能性がありますのでご注意くださいね。

ちなみに全額返金キャンペーンは

時期によって終了している可能性がありますので

公式サイトで事前にご確認ください。

↓ ↓ ↓

返品OKでオリジンシニア用を試したい方はコチラから!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする