犬にたくさん与えてはいけない食材とは?

人間が美味しく食する食べ物でも、

犬が食べるべきではないものが

実はたくさんあるんです。

少しでも食べると命に関わるような

中毒を引き起こす恐れのある

絶対に食べさせてはいけない食べ物は

以下の記事にまとめました。

⇒愛犬が絶対に食べてはいけない食品と症状

この記事では、

与える量や部位によって危険になりうる

食材をご紹介します。

犬に大量に食べさせてはいけない食品一覧

アボカド

犬が食べると危険なアボカド

アボカドは栄養豊富なので

食欲の落ちた高齢犬に与えたくなりますが、

それは危険です。

⇒小食になった高齢犬の栄養摂取のオススメは?

アボカドに含まれるペルジンという成分が

嘔吐や下痢の原因になるからです。

また大量に食べた場合などは

死に至る場合もあります

具体的に食べてはいけない量は

明確化されていません。

というのも、アボカドは世界に何百種類もあり

品種によってペクチンの含有量が異なるため

算出するのが難しいためです。

ちなみに海外製のドッグーフードで

アボカドを配合している商品を

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

実はこのような商品で使用しているアボカドは

もともとペルジンの含有量が低い品種を

さらに加工段階で無毒化しているため、

犬に与えるのは問題ないんです。

一方、日本で一般的に流通しているアボカドは

ペルジンの含有量が高めなので

少量でも与えないようにして事故を防ぎましょう。

また中毒とは関係ないですが、

アボカドの大きな種は窒息の原因となります。

まちがっても種をボール代わりに遊ばせる

なんてことのないようにしましょう。

⇒好奇心が低下してきたシニア犬も喜ぶおもちゃのオススメは?

青いトマトと花・葉・茎

犬が食べると危険な青いトマト

赤く熟したトマトは

犬の栄養補給にもオススメの野菜です。

しかし熟れていない青いトマトには

注意してください。

トマチン中毒と言って、

嘔吐や下痢、頭痛などを引き起こす

場合があります。

青い実はよほど大量に食べない限り

中毒症状は現れないだろうと考えられていますが、

花や葉・茎などには注意が必要です。

青い実に比べて約200倍のトマチン

含まれているので食べさせてはいけません。

トマトを調理するさいにも気をつけてください。

チェリー(さくらんぼ)

犬が食べると危険なチェリー

チェリーの種の中には

微量の有毒物質が含まれているため、

大量に噛み砕いて食べると危険といわれています。

仮に犬がチェリーを食べたとしても

大抵の場合は種を丸呑みするでしょうが

念の為注意を払いましょう。

そして、チェリーの果肉には

”ソルビトール”という

消化しづらい糖アルコールが含まれますから

果肉だけの場合もたくさん与えないようにしましょう。

チェリー以外にも危険な種が

チェリーの他にも熟していない種が

有害となる果物があります。

例えばりんごや梨、桃、梅などです。

りんごなどは手作りごはんにも

利用される果物ですから、

調理のさいには混同しないように気をつけましょう。

イカ・タコ

犬が食べると危険なイカやタコ

イカとタコは少し与える程度であれば

問題はないのですが、

できるなら与えないほうがいい食材です。

なぜならイカや・タコは

ドッグフードや肉類と比較して

格段に消化しづらいからです。

とくに高齢犬には胃腸の負担が大きいでしょう。

それに加えて、イカやタコに含まれる

チアミナーゼという成分が体内のビタミンB1を壊し

ビタミンB1欠乏症になる恐れもあります。

ビタミンB1欠乏症とは、脚気(かっけ)や

疲労感、筋力低下、歩行障害などを引き起こすものです。

しかしイカやタコに含まれるチアミナーゼの量は

ごくわずかなので、ビタミンB1欠乏症のリスクは

低いと考えられます。

とはいえ、与えたいメリットの方が大きい食材です。

生卵の白身

犬が食べると危険な生の白身

卵は栄養満点の食材ですが、

生卵の白身には注意してください。

白身に多く含まれるアビジンが

ビオチンの吸収を阻害するため、

吐き気や、食欲不振、皮膚炎になったり

糖尿病のリスクを高める場合があります。

仮に卵1個分の白身程度では

発症しないとされていますが、

卵は必ず加熱したものを与えましょう。

しかし稀にですが、加熱した卵でも

アレルギー症状が出る場合があるので

注意してくださいね。

危険な食べ物をたくさん食べてしまったら?

上記の食材を少量程度食べても

問題は無いかと思います。

しかし小型犬の場合などは

どの程度が少量なのか判断しにくいですよね?

不安な場合はかかりつけの医師に連絡して

指示を仰ぐのが最適です。

少しでも体調に異変があるようであれば

病院を受診してください。

Related Post