春のくしゃみに要注意!犬の花粉症症状チェックリスト

知人の動物病院スタッフに聞いた話ですが

春の動物病院は患者が増えるそうです。

なんでも花粉症を発症する犬が多いから

だそうです。

私も数年前に花粉症デビューしたのですが、

なってみて初めて分かりました。

花粉症って超つらいですよね…。

実は犬の花粉症のつらさも人間と同じらしいんです。

しかし犬たちは人間のように、

さも辛そうな仕草を見せることがありませんよね。

だからこそ私たちが気づいてあげないと、

今まさにこの時も、愛犬につらい思いを

させ続けてしまっているかもしれませんよ。

犬の花粉症(花粉アレルギー)の症状とは?

犬の花粉症症状

くしゃみや鼻水だけじゃない!犬の花粉症の症状一覧

犬の花粉症も人間と同様にくしゃみや鼻水等の症状が発症します。

しかし、脱毛など犬ならではの症状もあります。

以下のチェックリストを参考に、

あなたの愛犬の様子を確かめてみてください。

<犬の花粉アレルギー症状>

  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 皮膚のかゆみ
  • 皮膚炎・発疹
  • 肌の乾燥
  • 抜け毛
  • 目のかゆみ
  • 目やに・涙
  • 魔の周りの脱毛

犬の花粉症に多い症状は意外にも…

人間の花粉症といえば

くしゃみ・鼻水・目のかゆみなどをイメージします。

しかし犬の花粉症で特に多い症状は

皮膚のトラブルだと言われています。

くしゃみや咳、体のかゆみなどの

些細な症状を見逃してしまうと、

大きな皮膚トラブルひ発展する可能性があるので

早めに対処するよう心がけてくださいね。

試してみてください!花粉症の見極め方

犬の花粉症におすすめの早朝散歩

次のような行動を試してみて、

アレルギーのような症状が軽減された場合は

花粉症の可能性が高いといえます。

  • 日中や夕方など、花粉飛散量が多い時間を避けた散歩
  • 外出時に服を着せる
  • 帰宅後には必ず体を拭いてあげる
  • シャンプーの頻度を週2~3回に増やしてみる

以上は全て花粉症対策方法です。

これらにより症状が軽減されるようでしたら

「花粉症かもしれない」ということで

一度獣医さんに相談してみましょう。

これらで改善されず、症状が続くようなら

他のアレルギーの可能性もあります。

どちらにしても病院で診てもらって、

原因を特定することが大切です。

⇒ドッグフードでアレルギー症状が出る可能性も?!

花粉症かな?と思ったら病院へ行かないと大変なことに?!

一般的に花粉症は、

命に関わるようなアレルギーではないので

軽視されがちです。

しかし、一年放置したところで、

来年完治するなんていうことは絶対にない

一生付き合わなければいけないものです。

疑わしい場合はなるべく早く病院へ連れて行って、

少しでも症状を軽くしてあげましょう。

肌トラブルが現れやすい犬の花粉症は、

放っておいたら掻きむしって傷になった所から

雑菌が入って感染症になる可能性だってあります。

涙が多量に流れて涙やけ(流涙症)が悪化するかもしれません。

⇒繰り返すひどい涙やけを根本的に治療する方法は?

特に抵抗力の弱い子犬や高齢犬は、

そのリスクが高まります。

また花粉症はストレスの原因にもなります。

⇒犬のストレスに有効なサプリの成分とは?

犬にとってもストレスは万病の元!

たかがアレルギーと思わずに、

その先を見据えて対応しましょう。

Related Post