犬のグレインフリーとは穀物ゼロでは無い?!本当にメリットあるの?

近年さまざまなドッグフードメーカーから

グレインフリーフードが発売されています。

グレインフリー、グレインフリーって

犬の健康の合言葉のように言われていますが、

あなたはグレインフリーの本当のメリットをご存知ですか?

グレインフリーのセールスコピーだけに目を向けて

愛犬家を気取るのは正直言って、甘いです!

グレインフリーは魔法のアイテムではありません。

最初にいいますが私はグレインフリー批判者ではありません。

しかし、もしあなたが

ドッグフード界のグレインフリーの現実を知らずに

誤った選択をしているのならお役に立てるのでは?

という思いで、この記事を書きました。

グレインフリー=穀物不使用は間違い!グレインフリーの真実とその効果とは?

犬のグレインフリーとは

そのドッグフード、本当にグレインフリーですか?

グレインフリーフードとは、その名の通り

穀物(グレイン)不使用フードのことです。

穀物は犬のアレルゲンになる場合があるため、

グレインフリーフードはアレルギー対策に有効です。

また、犬が消化を苦手とする穀物が入っていないため

消化器官に負担をかけないというメリットもあります。

しかし実はこの穀物の定義は

メーカーにより異なるんです。

(法律等の決まりも特にありません。)

本当に穀物を全く使用していないフードもあります。

しかし一般的なグレインフリーフードは

小麦、大豆、トウモロコシ不使用のもの定義する場合が多く、

米、キビ、大麦など、その他の穀類を含んでいるものも、

グレインフリーフードとして販売されています。

つまりグレインフリーフードにも穀物は入っている可能性がある

ということです。

ですが、これが悪いということではありません。

メーカーの中には、栄養効果のために、

あえて穀物や大豆以外の豆類を配合するものもあります。

つまり、グレインフリーと一言で言っても、

その中身は多種多様。

グレインフリーフードにも何らかの穀物は含まれる

という認識を持ち、原材料を確認しましょう。

そしてすべてのグレインフリーフードであっても、

愛犬の体質に合う合わないがあるということを

覚えておいてください。

グレインフリーとグルテンフリーの違いは?

グレインフリー・グルテンフリー

グレインフリーと同じように、グルテンフリーもまた

ドッグフードの特性の一つです。

この2つの違いをご存知でしょうか?

グレインフリーは先述のとおり、

穀物不使用を意味します。

一方、グルテンフリーとは麦類不使用を意味します。

本来、グルテンフリーフードは

アイリッシュ・セッターのように

グルテン過敏症になりやすい犬のために開発され、

小麦アレルギーを持つ犬たちにも利用されてきました。

その後、ヘルシー志向のオーナーに支持されるようになりました。

グレインフリードッグフードのダイエット効果の真相は?

穀物不使用にはダイエット効果があるの考えられます。

それは穀物を摂取しないことで糖類が抑えられることと

血糖値の上昇を抑えられるためにダイエット効果があるためです。

犬に限らず、人間にも穀物抜きダイエット法がありますよね。

ではグレインフリードッグフードの

ダイエット効果についてはというと・・・

効果があるものと無いものがあります。

ポイントは原材料です。

穀物を使わない分、低脂肪の動物性タンパク質を

多く配合したフードであれば、

ダイエットに向いているといえます。

しかし、穀物の代わりにイモ類などの高GI値の食材が

多量に含まれていれば、血糖値が上昇しやすくなり

ダイエット効果は期待できません。

⇒イモ類不使用で最もタンパク質豊富なドッグフードは?

元気でアレルギーが無い犬にグレインフリーフードは必要ない?

グレイン入りドッグフード

食物アレルギーというのは、

生まれつき発症していなければ一生安心

というものではありませんよね。

明日突然、小麦アレルギーを発症する可能性だって

あるはずです。

⇒小麦アレルギーが原因かも?”よだれやけ”対策法

アレルギーリスクを軽減するためには、できる限り

摂取しないに越したことはないでしょう。

しかしもっと重要なのは

グレインフリーフードの本当のメリットです。

グレインフリーフードの真のメリットとその必要性

グレインフリーフードの一番のメリットは

良質な動物性タンパク質をたくさん摂取できることなんです。

本来ドッグフードに多量に含まれる穀物は、

言ってしまえば”かさ増し”です。

⇒格安フードの”かさ増し”の実態

人間で言えば、安くてお腹を満たせるだけの

ファストフードのようなものです。

元気で若ければ毎日

ファストフードも問題なく食べられますよね。

でも一生そんな食生活では

明らかに健康に悪そうだと思いませんか?

健康を第一に考えれば、体にやさしい

栄養満点の食事を摂りたくなりますよね?

これがまさに、グレインフリーフードと

その他のフードの違いです。

しかし、たとえグレインフリーフードでも

良質のタンパク質が十分に配合されていなければ

グレインフリーフード最大のメリットを享受できない

ということになります。

一方でグレインフリーフードではなくても、

多量の動物性タンパク質を補えて、

穀物の配合を最小限に留められるのなら、

前者よりもフードとして優秀なのかもしれません。

つまり、私が言いたいのは

アレルギーの問題を除いては

グレインフリーフードの全でが良質とは言えない。

そして、どんな原材料がどれだけ含まれているか

ドッグフードの質を左右するということです。

Related Post