高反発マットレスは高齢犬に負担が掛かる場合があるって本当?

足腰が衰えていく高齢犬にとって

ベッドや寝床づくりはとても大切です。

眠って過ごすことが多くなるこの時期に

合わないベッドを使っていると

体を痛めたり、床ずれになったりします。

愛犬の体の状態をよく見て、

段階にあった就寝環境を整えたいですね。

シニア犬・老犬のベッドマットレス=高反発がベスト?

高齢犬用マットレス

シニア犬用として販売されているマットレスは

高反発タイプのものが主流かと思います。

(楽天などで人気の商品も高反発タイプ)

高反発マットレスは体圧を分散してくれるので

体への負担が軽減されるので眠って過ごすことの多い

高齢犬にはピッタリのマットレスだと言えます。

しかし、もう一歩踏み込んだ話をすると、

どんな高齢犬にとっても

高反発マットがベストだとは限らないんです。

実はマットレスは犬の老化度合いによって

ベストな選択があるということを

頭に入れておいてください。

足腰の弱り始め~なんとか立ち上がれる時期は高反発マットがオススメ

高齢犬用マットレス

足腰が弱っている高齢犬におすすめなのは

高反発マットレスです。

先程述べたように、体圧が分散されるので

質の良い睡眠が摂れますし、

適度な跳ね返りがあるので、足に踏ん張りが効くため

起き上がりやすくなっているからです。

(2枚重ねだとより効果的)

老化を早めないためには”自力”で動くことが

何より大切です。

⇒高齢犬の運動能力を低下させないためには?

運動能力をできる限り維持するために

高反発マットレスをお使いになってはいかがでしょうか。

通気性の良い素材や、防水加工素材の

お手入れしやすい商品も手頃に入手できます。

高反発マットレスの上に肌触りの良い毛布を重ね、

転倒したときのために周囲に柔らかいクッションを置いたり

壁にウレタンマットやソフトサークルを添わせておけば

快適性も安全性も高まります。

⇒オススメの高反発マットレスは話題のエアウィーブではなく…

自力で寝返りがうてない寝たきり期には低反発マットレスを重ねるのがオススメ

高齢犬用マットレス

寝たきりになった場合は、

それまでに使用していた高反発マットレスに

低反発マットレスを重ねてあげるのがおすすめです。

重ねて使用することでクッション性が高まりますし

床冷え対策にもなります。

低反発マットレスは体の沈み込みを押さえつつ

全面で体を包み込むように支えてくれるので

床ずれ対策になります。

高反発マットレスと同様に、周囲にクッションを配置し

壁にも柔らかいマット等を立て掛けて事故防止しましょう。

⇒高齢犬を安全に飼うための部屋づくりのポイント6つ

必要に応じて毛布やおしっこシート、防水シーツなども

マットの上に敷いてください。

自力で起き上がれないけど背中で動きたがる場合は

マットの面積を広げてあげると良いですね。

加えて床ずれ対策には柔らかいクッションも活用しましょう。

たった数時間でも同じ姿勢だと

床ずれになる可能性があるので、

床ずれができやすい骨ばった部分には

クッションをあてがうのが有効です。

たとえば、肩甲骨から頭にかけては

クッションを枕代わりにしたり、

足の床ずれ予防にはクッションを抱きまくらのように

両足の間においてあげると床ずれができにくくなりますよ。

マットレスの切り替えや素材選びの答えは一つじゃない

このように高齢犬のマットレス選びは

個々のわんちゃんの体の状態に合わせて

行うのがベストです。

高反発から低反発マットへの切り替えというのも

アイデアの一つですので、あなたの愛犬に一番合った

マット選び・ベッドメイキングを行ってあげてくださいね。

ペット用マットレスは防水加工が施されていることが多く

その素材の肌触りが気に入らないわんちゃんもいます。

マットレス選びはもちろんですが、その上に重ねる

シーツ(毛布)の素材選びにもこだわってみてください。

Related Post