シニア犬の健康に発酵食が良いもっともな理由

発酵食品といえば、

人間の健康食品というイメージが

あるのではないでしょうか?

例えば、毎日のようにテレビで流れている

ヨーグルトのCMに注目してみると

「腸内環境改善」「家族の健康管理に」など

どんな商品も、健康改善アピールを行っていますよね。

発酵食品と言えばヨーグルトにチーズに

醤油、漬物、味噌、納豆などなど

いろいろな食品がありますが、

犬の健康に役立つ発酵食品には

どんなものがあるのでしょうか。

犬にオススメしたい発酵食品はこれ

ヨーグルトで腸内環境改善

愛犬の健康維持にオススメの発酵食品は

以下のとおりです。

プレーンヨーグルト

犬用チーズ(もしくは塩分が少ないフレッシュチーズ)

納豆

ではそれぞれの効果をご紹介する前に、

簡単に発酵食品のメリットをご紹介しますね。

知っているようで知らない発酵商品とは?

発酵食品とはその名の通り、食品が発酵した状態のものです。

では発酵食品と発酵していない食品の違いって

ご存知ですか?

発酵食品は、ある食品が菌の働きによって分解され、

新たな成分に変化したものをいいます。

発酵は腐ることと原理は同じなのですが、

腐ることで動物の体に悪影響を及ぼす場合と

いい影響をもたらす場合があります。

簡単に言えば発酵食品は後者にあたると

考えてください。

発酵食品のメリットとは?

納豆イメージ

発酵食品にはこのようなメリットがあります。

①栄養価が高い

発酵食品は発酵前の食品に比べて栄養価が高まる傾向にあります。

⇒シニア犬に必要な栄養素とは?

②栄養吸収に優れている

発酵の過程で食品に含まれるタンパク質等の成分が

分解されます。

これにより腸内での消化吸収率が上がり、

胃腸にも負担をかけづらくなります。

③美味しくなって食欲アップ

食欲旺盛な犬

発酵食品は旨味が強くなります。

これにより食欲が無い犬でも

たくさん食べてくれたり、

ドッグフードのマンネリ対策にもなります。

④菌の恩恵を受けられる

発酵食品を摂取することで、

発酵をもたらす菌の恩恵を受けられます。

発酵食品が健康にいいのは、食品そのものが

健康にいいのではなく、中に含まれる菌が

健康に有効だからという説もあるくらいです。

⑤たくさんの酵素を含んでいる

酵素は、食べ物を分解したり、

栄養を蓄えたり、エネルギーとして使用したりする成分です。

体内で起きる化学反応には酵素が不可欠です。

発酵の過程では、たくさんの酵素が作り出されるため

発酵食品を食べる=たくさんの酵素を食べる

ということになります。

犬にオススメの発酵食品に含まれる菌の役割とは?

乳酸菌イメージ

つづいて、先程ご紹介した犬にオススメの発酵食品

ヨーグルト、チーズ、納豆に含まれる菌が

犬にもたらす役割についてです。

「乳酸菌」

乳酸菌は乳製品に多く含まれます。

乳酸菌には

  • 腸内の善玉菌の活性化
  • 便秘や肌トラブルの解消
  • 代謝アップ

といった効果があります。

⇒高齢犬の便秘を解消させるのにオススメな食べ物は?

「納豆菌」

その名の通り納豆に多く含まれます。

効果としては

  • 悪玉菌をやっつける
  • 抗菌効果
  • 血液をサラサラにする

といったものがあります。

悪玉菌をやっつける納豆菌は

乳酸菌の活動をサポートしてくれるので

2つを一緒に摂取できると理想的です。

発酵食品の与え方は?

おねだりするワンコ

簡単なのはドッグフードにトッピングすることです。

食べやすくするために

納豆はひき割りに、

チーズは細かく刻みましょう。

プレーンヨーグルトはそのままでも大丈夫です。

ドッグフードの上にトッピングする際は

一日の食事量(おやつ含む)の10%以内

目安にした方がいいのですが、 

脂肪分の高い乳製品は与える量を

調節されることをおすすめします。

Related Post