犬(シニア犬)にサーモンの刺身を与えても大丈夫?

高齢犬にサーモンの刺し身を与えても大丈夫? シニア犬の食事管理

サーモン(鮭)には高齢の犬に必要な栄養が

たっぷりと含まれています。

 

ドッグフードの原材料にも使用されていて

わんちゃんも大好きなサーモンを

いつものごはんにプラスして与えたい

と考える方もいらっしゃると思います。

 

サーモンと言えばお手軽に与えられるのが

お刺身ですよね?

 

では生のサーモンは犬に与えても大丈夫なのでしょうか?

 

適切な与え方についてのお話です。

 

犬に必要な栄養満点のサーモン!刺し身で与えても安全?

高齢犬にサーモンの刺し身を与えても大丈夫?

サーモンの刺身は生でもOKな場合とそうじゃない場合がある

適量のサーモンの刺し身を犬に与えても

基本的に問題が起きる可能性は低いです。

 

お刺身と言えば心配なのが

嘔吐や下痢を引き起こすアニサキスなどの寄生虫ですが、

スーパーなどでお刺身用として販売されている

養殖のサーモンは、人工餌で飼育されているため

寄生虫の心配は高確率でありません。

 

また、天然もののサーモンについても

通常は一定時間冷凍して寄生虫を駆除しているため

心配ないと考えられています。

 

ただし、冷凍が不十分なサーモンだったり、

川で獲った鮭の仲間(紅鮭やマスなど)の刺し身の場合は

寄生虫が生息している場合があるので生で与えてはいけません。

 

このように同じ刺し身でもリスクが有るものと

無い(=極めて低い)ものがあります。

 

どちらがどちらか見極めるのは難しいですよね?

 

確実に安全に与えたいと言うのであれば、

加熱して与えるようにしましょう。

 

⇒高齢犬に生肉やローフード(生食)を与えても大丈夫?

 

加熱用サーモンも生はNG!骨にも気をつけて

高齢犬にサーモンの刺し身を与えても大丈夫?

もちろん加熱用として販売されているサーモンの切り身も

生食はできません。

 

刺身用と比較しても寄生虫のリスクが高まります。

 

加熱用のサーモンを与える場合は、

火を通すのはもちろん、

小骨も注意して取り除きましょう。

 

また、甘塩や味付き加工がされているものも

犬の体には負担をかけてしまいます。

 

下味が付いていないものを与えてくださいね。

 

ちなみに生でも加熱でも

愛犬にサーモンアレルギーがあれば

嘔吐や下痢、痒みなどの症状が現れることがあります。

 

初めて与える場合は少量づつ、

様子を見ながら与えてください。

 

サーモンには高齢犬の体にうれしい栄養がたくさん!

高齢犬の体にいいサーモンの栄養

サーモンには良質な動物性タンパク質が

豊富に含まれています。

 

それだけではなく、犬に、とりわけ高齢犬に

必要な栄養がたくさん含まれているんです。

 

まずオメガ3脂肪酸の一種であるDHAEPA

血液をサラサラにしたり、被毛にツヤを与えたり

認知症予防にもなります。

⇒高齢犬のパサパサ被毛の艶を蘇らせるオイル3種類

 

また関節をいたわるコンドロイチンも含まれています。

 

そしてサーモンのオレンジ色の天然色素

アスタキサンチンには抗酸化作用があり、

老化防止や白内障予防の役に立つと言われています。

 

このように犬(とくにシニア以降)にとって

サーモンは理想的な食材なのです。

 

犬にサーモンを与える適量は?

犬のごはんの適量-キッチンスケール

ドッグフードのトッピングとしてサーモンを与える場合は、

いつものフードの分量の1割をサーモンに置き換えてみてください。

 

サーモンの割合が多すぎると、

ドッグフードの栄養バランスが崩れたり、

なれない食材でお腹を壊す場合もあるので

与えすぎには注意しましょう。

⇒犬にたくさん与えてはいけない食材とは?

 

また、トッピングよりもオススメしたいのは

サーモンが配合のドッグフードを与えることです。

 

ドッグフードは食材を濃縮して配合しているので、

サーモンの栄養もギュッと詰まっています。

 

つまりサーモンのいいとこ取りができるわけです。

 

そのうえ、ドッグフードの栄養バランスを損ねることもなく

手間も掛からないため毎日継続してサーモンを与えることができますよ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました