猛暑日や真夏日の犬の散歩で寿命を縮めない方法

真夏日や猛暑日の犬の散歩の安全な方法 長寿のための生活習慣

夏の犬の散歩って正直おっくうですよね。

 

年々夏の気温が上がっている気がするし、

梅雨前から真夏日なんていう日もあるし、

大げさでもなく、

一年の4分の1以上は汗ダラダラで散歩している気がします。

 

人間にとっても非常に重労働の夏の犬の散歩。

 

ですが、犬にとっては

文字通り「命がけ」の行為だということを

ご存知でしょうか?

 

犬は人間より暑さに弱い生き物です。

 

真夏日や猛暑日に誤った散歩をしていたら

犬の健康に被害が及ぶ場合もあるので

真夏日でも快適に散歩できる方法を

おさらいしておきましょう。

 

猛暑日や真夏日の犬の散歩を安全快適に行う方法は?

真夏日や猛暑日の犬の散歩の安全な方法

日中の熱い時間帯の散歩は絶対NG

当然と言えば当然ですが、夏の最も気温が上がる日中に

犬の散歩を行うのは止めましょう。

 

リスクが大きすぎます!

 

日中の散歩は犬の体に

こんなに悪影響を及ぼしかねないんです。

 

  • 地面からの反射熱の影響をもろに受ける
  • 肉球を火傷する
  • 脱水や熱中症の危険

 

気温30℃以上を真夏日、

35℃以上を猛暑日と言います。

 

真夏日ともなると地面の温度は60℃を越えることも。

 

人間より体高が低い犬は、

地面からの照り返しの影響をもろに受けます。

 

そのうえ、肉球は人間で言う裸足の足の裏ですから、

素足で灼熱の道を歩かされるわけです。

 

それに、人間よりも体温調節の苦手な犬は

体に熱がこもってしまい、

脱水や熱中症になりやすくなります。

⇒高齢犬の命に関わる?!意外と知らない水分補給が必要な理由

 

真夏の犬の散歩のオススメの時間帯は早朝or夕方以降

夏の犬の散歩は早朝か夕方以降がおすすめ

真夏の犬の散歩は、

太陽が登りきるまでの早朝か、

夕方~夜の間に行いましょう。

 

とくに、ゆっくりと散歩をしたいのなら

地面が熱されていない早朝がオススメです。

 

夕方以降の場合は、地面の温度をよく確認してから行いましょう。

 

地面に少し触れて確認する程度では

正確な温度はわからないので、

体重をかけてグッと地面を触るか、

飼い主さんが裸足になって地面を踏んでみるとよく分かりますよ。

 

その日の気温によって地面の温度の下がり具合も

変わってくるので、

夏の散歩は○時から、と時間を決めるのではなく、

散歩道のコンディションを最優先で行ってください。

⇒老犬が散歩で歩かない!嫌がらない方法とは?

 

夏の散歩は水のある場所が理想

夏の散歩は水辺や水がある場所がオススメ

犬の体に負担の少ない、真夏の散歩は

アスファルトではない、土や草の道が多い場所、

もしくは日陰が多いコースを選びましょう。

 

最も理想的なのは川辺や公園など、水辺や水がある場所です。

 

手軽にクールダウンできるためオススメです。

※虫にさされるリスクは増すので対策は必要です(後述)

 

しかし、そのような場所が近所に無いという場合は、

大きめのペットボトルに水を入れて持参し、

散歩の途中に愛犬のお腹周りや体を濡らして

クールダウンさせてあげましょう。

 

飲用水も多めに持っていくことも忘れずに。

ペットスエットは吸収性が高いので散歩中にオススメ)

 

ちなみに、水が近くにある自然環境といっても、

日没間もないビーチなどの砂場はあまりオススメしません。

 

海水浴に行ったことある方なら分かると思いますが

砂にはとても熱がこもりやすいためです。

 

早朝や夕方~夜の散歩を安全にするリスク対策3つ

早朝や夕方以降の散歩は、

気温の負担が軽減される代わりに、

他のリスクが生じます。

 

暗がりの事故を減らす対策

暗い夜の散歩の事故回避

日中の散歩と違い最も危険なのは

事故のリスクです。

 

暗いと周囲からも見えづらいですし、

足元も確認しづらいため危険です。

 

周囲に気づいてもらうためには、

目立つ色の服や、反射材を身につける

ライトを携帯するなどを心がけてください。

 

ライトは足元も照らしてくれますから、

一石二鳥ですね。

 

 

虫刺され予防

日中の暑さが和らぎ、少し涼しくなる時間帯には

蚊や虫の活動が活発になります。

 

「うちはフィラリア予防しているから大丈夫」

そういうご家庭も多いかもしれません。

 

しかし、あまり外を歩かないからといって、

マダニやノミ対策をしていない方は要注意です。

 

夏はノミ・ダニが活発になります。

(都会のちょっとした草原も要注意!)

 

マダニやノミの対策を怠ると

皮膚炎になったり、感染症にかかる場合もあります。

 

夏の散歩に出かける際は、

蚊だけでなく、マダニやノミも予防できる

ペット防虫スプレーなどを利用しましょう。

⇒犬を虫刺されから守る方法!人間の薬は使っても大丈夫?

 

熱帯夜には熱中症になる可能性も

最近は夜になってもほとんど気温が下がらない

熱帯夜もあります。

 

このような場合は、たとえ日没後といえども

熱中症のリスクがあるので、

散歩の時間を調整したり、家の近所のみにとどめるなど

臨機応変に対応しましょう。

 

また、熱中症対策には以下のようなクールバンダナもおすすめです。

 

夏バテで体力を弱らせないためには栄養をしっかり摂る

栄養補給で犬の夏バテ対策

先程、犬は体温調節が苦手と言いましたが、

夏の暑さのなかで過ごすだけで

犬は大きく体力を消耗します。

 

たとえば、体温調節をするパディング(ハァハァという呼吸)がありますが、

この行為だけでも筋力の落ちた高齢犬にとっては

肉体への負担が大きいんです。

 

だからといって、涼しい場所にじっとしていては

食欲が低下し、代謝も体力も低下する

「夏バテ」状態に陥ってしまいます。

 

だからこそ、夏場は栄養価の高い食事を心がけましょう。

 

夏場の間だけでも、

少量で栄養吸収率に優れたドッグフードに

切り替えてもいいかもしれません。

⇒夏バテにオススメなドッグフードはコチラ

 

または、いつものご飯に野菜や肉などを煮出した

スープをかけてのどごしを良くするのもおすすめです。

 

どうしても食事が進まないなら

栄養価の高いサプリメントを導入する手もあります。

 

真夏の犬の散歩は愛犬に無理のない範囲で

真夏の犬の散歩は、愛犬のコンディションにあわせて

無理をしない範囲でおこないましょう。

 

必ず何時からとか、

何分間といったルールは決めずに、

愛犬が気分良く歩いているかどうか

その日の量をコントロールしてあげてください。

 

とはいえ、どんな季節でも

散歩をすることが愛犬のストレス発散に

大きく役立つのは確かです。

 

真夏でも散歩を楽しく行えるように、

しっかり栄養と休息をとらせてあげて

夏の暑さに負けない体を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました